最安値バッテリー調達 電池メーカー
更新期日:2017-5-13 21:06:50 筆者:千里行商貿屋
青森県七戸町の天王神社でヤマツツジが満開となり、見頃を迎えている。12日は町内外から訪れた人たちが、参道の斜面一帯を覆う深紅の花をじっくりと眺めながら、バッテリーサプライヤー 散策を楽しんでいた。

神社には約500本が植えられ、毎年美しい花を咲かせている。

今年は、21日までの「天王つつじまつり」の期間中は見頃が続く見通し。午後7時から同9時まではライトアップも行われており、バッテリーメーカー 昼間とは趣の異なる幻想的な光景が見られる。

この日夫婦で満開の花を満喫していた十和田市ひがしの2丁目、無職小山富雄さん(74)は、10年以上訪れているという。「何度来ても飽きない。七戸城跡の展望場からの眺めもいい」と話していた。
 
青森県十和田市深持の観光農園「手づくり村鯉艸郷(りそうきょう)」(中野渡裕生代表)で、約千株のシラネアオイが白や紫の花を咲かせ、訪れた人たちの目を引いている。見頃は10日ごろまで続く見通し。

鯉艸郷は4月30日に開園。シラネアオイの花は紫が主流だが、同園では白が多い。今がちょうど満開で、他にクリスマスローズや色とりどりの山野草も楽しむことができる。

好天に恵まれた2日は、家族連れらが来場し、咲き誇るシラネアオイに足を止め見入っていた。埼玉県深谷市から夫婦で訪れた会社員蓑毛(みのも)伸三さん(62)は「花を見るのが好きで、初めて来た。白と紫のコントラストがとてもきれいだ」と満足そうに話した。

問い合わせは鯉艸郷=電話0176(27)2516=へ。
北海道大樹町(たいきちょう)電池サプライヤーで新興企業が開発を進める小型ロケットの最終段階のエンジン燃焼実験が、同町で17日に行われる。

成功すればロケットの組み立てと打ち上げの準備作業を本格化させ、民間単独では日本初の快挙となる、ロケットの宇宙空間到達を計画している。

実験を行うのはインターステラテクノロジズ社(稲川貴大(たかひろ)社長)。元ライブドア社長の堀江貴文氏(44)らが出資し2013年に設立した。小型ロケットの打ち上げ実験場がある同町に本社を置き、スーパーを改修した作業場で、電池メーカー ランキング20~30歳代の若手を中心とする社員14人で部品を製造している。

開発中のロケットは全長9・6メートル、重さ1トンで、国内のロケットでは最小級。20年頃に、需要が急増している100キロ・グラム以下のミニサイズの人工衛星の打ち上げ受注をめざす。
連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com
 

前の編:USB16850充電式電池